学生ローンとクレジットカード

学生ローンやクレジットカードを学生のうちから使ったりするなとよく言われますが、果たして本当でしょうか?

 

実際、学生ローンは社会人が活用しているような一般的なローンや融資よりも断然に借りやすい融資商品であることは間違いありません。

 

同様にクレジットカードも利用手続きがとても簡単で、使う時も確かに便利であると言えます。その分、お金のありがたみや何かを買い物した時の重みなどがなくなるという見方もできます。

 

一見、古臭い精神論的な表現ではありますが、経済的破綻をしたり、多重債務に陥ったりした人たちの意見を聞くと誰もが同様のことを話し、借金やクレジットカードに依存したことを挙げています。

 

参考になるかは別として、アメリカの一部の億万長者は、現金主義で、どんな小さな買い物も借金をしてまで絶対にしない、またクレジットカード類も使っていないという人もいるそうです。

 

借金やクレジットカードは、あまりにも高額なものを購入する必要がある際の支払手段で、あくまでも支払いは後から、そして確実にやって来ます。経済的も自立出来ていない学生時代にお金の借り癖を作ってしまうと、思わぬ反動が来るので心しておきましょう。

 

学生ローンはあくまでも最後の手段、最悪を切り抜けるための虎の子であるのです。こうした懐刀の基本は一生使わないというものであることを忘れないでおきましょう。

 

万が一、学生ローンを使わざるを得なくなった場合、学生ローンを申し込む前に学生の特権として親などに相談してみましょう。