学生ローン完済後の豆知識

学生ローンのうち、多くの人が勘違いしていることで、特に重要だと思われることがあります。それは学生ローンを完済した後の処理です。

 

実に多くの人が、ローンを返済し終わったら全て終了と思っている人がいますが、契約内容によっては完済後も契約中という状態になっているのが通常のローンです。

 

これは学生ローンのみならず、一般的なローン、例えば消費者金融でのカードローンでも同様ですが、ローンを完済した後は契約の解消手続きをし、学生ローンを申し込んだ時の契約書や預けた書類一式を返却してもらわなければ、全ての契約が終了したということにはなりません。

 

その結果、信用情報機関には、融資は完済したが、契約は継続中と表記されることがあります。

 

一部の契約は完済後にこうした契約を全て破棄してリセットし、信用情報機関への情報もきれいに整えてくれる場合がありますが、そうした処理をすることは稀と考えた方が良いでしょう。

 

これは契約内容や学生ローンを扱っている貸金業者の対応や裁量にもよりますが、審査を受ける際に確認しておくことが重要です。もし、契約解消の手続きが必要だとしたら、必ず完済後に解約手続きをしましょう。

 

完済していても学生を卒業して社会人になり、新たな借り入れや融資を受ける時の審査や査定に多からず影響を及ぼすので、こうした知識を是非覚えておいて下さい。

 

ちなみに新たなローンの審査時にはこうした情報は一切公開してくれないので、自己防衛のためにも解約手続きを怠らないようにしましょう。