学生ローンという名称の問題

名称から受ける印象で、実態とは異なる勝手な思い込みをしている人は必ずいます。それが勘違いレベルなら良いのですが、この学生ローンという名称を都合よく解釈しては後に大変なことになるでしょう。

 

まず、学生ローンというと、学生向けの良心的な印象を抱く人が一部いるようですが、この認識には修正を加える必要があります。

 

学生ローンは審査のハードルも一般的な金融商品やローンとは明らかに異なる低い基準を持っていますし、親の承諾がなくとも、それこそ条件さえ揃えば未成年でも借り入れを起こすことができるというある意味奇跡的なローン商品です。

 

しかし、ここで認識のズレが発生しやすくなってしまうのです。

 

いくら学生ローンという名称でも、融資商品の一つであり、扱っている金融業者のほとんどは消費者金融なのです。

 

学生というまだ社会認識の浅く、大きなお金をいきなり持ってしまっても、そこにかかる利息は一般的な金融商品と何ら変わりなく請求されるものなのです。いくら成人を迎えた人でも学生は学生です。

 

仮に親の承諾を得ずに極度額一杯のローンを組んだ場合、利息や返済のリスクは本人が考えているよりも、相当大きいものにまで発展してしまうことを強く認識しておいた方が良いでしょう。

 

学生ローンは本来、一時的で長短期、苦肉の策で活用するべきローン商品なのです。親が子供を学生にするには人知れず大変な苦労があります。

 

余程の理由がない限り、学生ローンは家族で考えながら利用するくらいの心構えでちょうど良いと言えます。