学生ローンと支払い遅延

ローンや融資の中でも比較的手軽に申し込めて、未成年でも条件を満たしていれば利用できる学生ローンですが、融資商品には変わりありません。万が一の際にはそれなりの法的な処置が待っています。

 

その好例が支払い遅延の問題です。

 

例えば、何かの理由で返済期日が何日か遅れたとします。遅延に関しては信用情報機関の基準が様々で、いわゆるどういった条件でブラック情報に掲載されるか掲載されないかの基準について一般には公開されません。

 

返済が遅延したことは仕方ないので、速やかに所定の金額を支払いましょう。その際は遅延金や延滞手数料などが発生します。その分を加えて返済しなければなりません。

 

ただし、これはあくまでも一般的に言われていることです。貸し手の貸金業者内の情報では独自の基準を持っていますし、印象の悪い債務者としての位置付けをされてしまうでしょう。再度の借入などには対応してもらえない可能性もあります。

 

また、これが長期的な遅延になってしまうともう話は全く別次元になってしまいます。3ヶ月など返済を放置しておいた場合などは、金融業者は即法的手続きに入ります。

 

公的な信用情報機関にはブラック情報として位置付けられる他、一括返済を求められたり、裁判所扱いの法的手続きに入られたりしてしまいます。

 

家族やアルバイト先への督促はもちろんのこと、最悪保有財産や給料の差し押さえは免れないと考えて下さい。

 

このような状態になってしまうともはや学業どことではなくなってしまいます。借り過ぎはもちろんのこと、返済期日の厳守は必須となります。