審査では何を見るか?

学生ローンを申し込む際、審査では一体どのような部分を見ているのでしょうか。

 

通常ローンなどの融資商品において、借入額、またそれ以前に借り入れを申し込めるのか申し込めないのかは個人の信用保証によって決まります。

 

学生ローンもこの流れ自体は同様ですが、レベルや程度、また融資金額が一般的な融資とは異なるため、だいぶ簡略化されています。

 

学生ローンを申し込むと同時に審査は始まります。まず本人確認をしますが、これは借り主である学生の身分証明書で行い、主に運転免許証や保険証によって本人確認や年齢が18歳以上であることなどを確認します。

 

20歳以上なら親の同意は必要ありませんが、20歳以下の場合は親の同意が必要であることを忘れないようにしましょう。

 

これと同時に学生であるという証明になる学生証を一緒に提示するよう求められるので、これらの必要書類を用意しておくことが大事です。

 

このデータをもとに信用情報機関へ借り主本人の個人情報を照合します。主に過去にどんな借り入れがあり、返済状況や現在のお金の借り入れ状況、金融事故がなかったかなどを調査します。ここで問題がなければスムーズに融資は進むでしょう。

 

また、融資額の決定においては、少額でしたらアルバイトなどの収入がなくとも融資実行してくれる業者が一部あります。しかし業者によっては必ず一定の収入源の証明が必要になる場合があり、ほとんどが給与明細や源泉徴収票の提示を求めてくるでしょう。

 

最近はインターネットの普及で、自宅にいながらでもこうしたやり取りが可能になりました。