学生ローンの審査の壁

学生ローンを申し込む場合、壁となる条件がいくつかあります。その象徴となる大きなポイントがいくつかありますがそれぞれチェックしてみましょう。

 

まず、学生ローンはローン商品、融資商品全般でも比較的借りやすいと言われていますが、とにもかくにも審査に通らなければなりません。

 

学生ローンは数万円単位のお金を借りるというのでしたらそれこそ免許証と学生証があり、過去の金融事故で何ら問題がなければ何も心配なく、それこそ審査開始から30分程度で融資が実行される金融機関が一般的と言われています。

 

しかし、学生ローンの中でも比較的高額のお金を融資してもらうためには、20歳以上であることやアルバイトなどで一定以上の安定した収入があるということが必須条件となります。

 

しかも、いくら高額の金額を融資してもらえるといっても、利用限度額には収入によって限界があることは覚えておきましょう。

 

これらが審査の際に大きな壁となる条件です。これらを全てクリアすれば融資は実行されます。

 

また、年齢の壁では20歳以下の年齢だと未成年扱いとなり、いかなる融資商品でも親の同意が必要になります。

 

そしてもし高額の融資を必要としているのでしたら、安定した収入は絶対に必要になります。これは総量規制という法律があり、多重債務者を出さないようにするため、年収の3分の1以上の融資は、社会人でも実行されないのです。

 

実際、学生という立場を考えると、金融業者の売り文句に50万円まで融資可能とあっても、実際は10〜20万円が実行される融資金額の範囲になると考えられます。