学生ローンとのスタンス

学生ローンと健全なスタンスで付き合うには、ローンをしてまで借りたお金を何に使うかということです。つまり使途目的が学生の域を超えたものになってしまった場合、それは不健全なローンとなってしまい、学生の本分を全うしていないことにもなります。

 

実際、学生ローンを提供している貸金業者のほとんどは消費者金融です。大手銀行グループ傘下にあったとしても、学生時代から消費者金融でローンを受けてまでお金を調達しなければならないというのは、社会的常識から考えても少々無理のある話しであることに変わりはありません。

 

学生としてローンをするくらい必要なお金とは自分にとって有益なのか、それとも無益なのかを冷静に考えてから学生ローンを申し込んでみましょう。

 

例えば、十分な学費や生活費が一時的に得られなくなってしまったとか、学生時代の仲間と特に思い出に残るような使い方については、最小限の金額の範囲に抑えた学生ローンの借り方をすれば有益になるでしょう。

 

その一方で、ギャンブルや遊興費、そしてマルチ商法やキャッチセールスに莫大なお金をつぎ込んでしまう学生も一部います。こうした使い方のために学生ローンを活用したとしても、その後の軌道修正には多大な損失や人間関係・家族関係の亀裂が生じたりしてしまうことも日常的にあるのです。

 

借金をしてまで分不相応なお金の使い方を行ってしまうと、収入がそれに追いつかなくなるのは過去の多くの事例を見れば一目瞭然です。