ショッピング枠の現金化

カードローンをはじめとした貸金業者が多種多様に提供している融資商品のうち、学生ローンは金額にこだわらなければ比較的借りやすい融資商品であると言われています。

 

しかし、その使い道を誤ってしまうと恐ろしい結末が待っています。特に最近の学生、特にこれは一部の大学生に多く見られる傾向ですが、学生ローンを買い物や遊興費に使い切ってしまい、その額も社会人が驚くような金額なのです。

 

借りやすいから使ってしまうという短絡的な発想は、悪徳な金融業者からすれば格好の餌食であることに間違いありません。

 

例えば、クレジットカードは今や学生の間でも通常に活用されている一般的なショッピングツールですが、ヤミ金などの悪徳業者はこのクレジットカードのショッピング枠を使って借金癖や浪費癖のある消費者に現金を貸し付け、その金利も法外なものにしてしまう事件が今でも多発しています。

 

こうした罠にまんまとかかってしまった学生には、さらに借金をさせようと学生ローンを組ませたり、その学生ローンも総量規制を大幅に超えた金額を貸し付けたりします。

 

そしてさらには金利も法外なものに設定され、借金地獄に引きずり込まれてしまうわけです。

 

学生ローンやクレジットカードにお世話になっている人は、くれぐれも自分たちが常に詐欺行為から狙われている格好のカモであるということを認識して、お金を借りるようにし、借り過ぎには十分に気をつけ、学生生活を満喫してもらいたいものです。