学生ローンと一般のローンとの違い

学生ローンと一般的なローンの違いは、利用限度額と審査の内容が目立って挙げられます。

 

まず、限度額については金融各社によって異なりますが、概ね10〜50万円の幅で貸し付けを行っているのが一般的のようです。

 

学生が果たして50万円もの大金を何に活用するかは別として、金利も相当高いものになりますから、高額の限度額を設定され、仮に満額借り入れられたとしても、その点は自重して借り過ぎない選択をすることが大切です。

 

貸金業者は、借り入れする学生に返済の条件が見受けられたら、なるべくたくさんのお金を貸して、その分の金利で儲けたいのですから、返済の見込みがあればたくさんのお金を貸したいわけです。

 

しかし、借り手の方は極力お金を払ってはいけないというのが、融資を活用した際の王道の考え方です。多額のお金を借りられると気持ちが大きくなりがちですが、使わないお金はすぐに返さないと、後にとんだしっぺ返しをもらうことになるので注意しましょう。

 

また、審査は一般のローンや融資とは全く異なると思って間違いありません。

 

アルバイトの勤務実績や学生証があれば、どんな学生でも基本的には借りることができるのが学生ローン最大の利点ですが、一般的なローンは総量規制の問題や過去の借入実績などの個人情報が融資額や融資条件に大きく影響します。

 

学生ローンは極力使わない、使わないで済む方法を探す、万が一にも使う時は、最小金額を最短で返済するという選択肢が基本であることを絶対に忘れないようにしましょう。