学生ローンとは?

学生ローンとはその名の通り学生という基本的には定収入のない立場でも、条件さえクリアすれば利用することができるローンのことです。

 

時折、銀行や信用金庫で申し込む学費や進学準備金として活用するための教育ローンと混同されがちですが、質の異なるローンです。

 

対象は主として大学生、短大生、大学院生、専門学校生といった学歴の学生が利用できるローンで、年齢は18歳以上となっています。

 

一般的なローンや融資では、未成年や一定の収入のない立場の人が借り入れを起こすことはできません。また、学生という立場上からもお金を借りるという生活環境は、基本的にないとみなされています。

 

しかし、経済環境やライフスタイルの変化に伴い、学生を専門としたローンを提供する貸金業者が増え、法律に則っていることを条件に、ローンを申し込むことができ、その種類や数は実に多種多様にかつてに比べ、なったと言われます。

 

「学生が借金をしてまで何にお金を使うのか?」

 

そのような声が聞こえてくるかもしれませんが、もはや時代が変わっています。かつてのような好景気時代ではなくなったことを発端に、現在は親の経済的環境から学費や仕送り、それこそ通学のための定期代も捻出できなくなってきているという現実があります。

 

その一方、間違った認識やお金の使い方をすることによって、積み上げた学業のみならず、人生や身を滅ぼす学生も出てきていることも確かです。

 

便利な学生ローンの正しい知識と使い方が問われる時代にもなったわけです。