学生ローンで注意したいこと

学生ローンは貸金業者が提供している融資商品であるということを最初に認識しましょう。学生ローンは奨学金のように公的で社会貢献性の高い融資とは一線を画すもので、貸金業者はお金を貸すということで収益を上げるためのビジネス目的の商品なのだということが前提です。

 

また、学生ローンは一般的な融資やローンとは異なり、学生で、なおかつアルバイトで一定以上の水準の勤務実績があれば保証人や担保を取らずにお金を貸し出してくれるものです。

 

これに伴い、融資金額の上限も比較的低いものですが、その代わり返済が滞った場合は、親やアルバイトの勤務先などへの連絡や滞った金額の督促や返済の催促の連絡が行くことになります。

 

学生ローンで一番注意したいことは、必要条件と必要書類さえ揃ってしまうと、あまりにも簡単にお金を借りられてしまい、それがもし物欲によるものや遊興費に充てられた場合、金銭感覚が麻痺する可能性があるということです。

 

学生ローンは基本的に使途目的自由が原則なので、金銭の乱用で学生の身分で多重債務者になってしまう人が時折います。

 

現代の学生は、何かとお金が必要な文化の中で生活し、学生生活もレジャーをはじめ、毎日の生活自体にランニングコストがかかってしまう社会環境にありますが、あくまでも学生ローンは一時期で緊急性を必要とする場合のみに活用すべきで、学生ローンの申し込みに関しても親への了承を得た方が、万が一の不測の事態においても柔軟な対応ができると言えるでしょう。