学生ローン最大のデメリット

申し込みも審査も比較的手軽で、20歳以上でアルバイトなどの一定収入があれば、10万円単位のお金を融資してもらえるという良いコト尽くめの学生ローンですが、最大のデメリットと言える部分は一体何でしょうか??

 

これは他でもなく、良いコト尽くめという最大のメリットこそが最大のデメリットになるのです。

 

親の承諾や、家庭の経済環境の一時的悪化の影響で、学生ローンを活用しなければならなくなり、そのことも親も了承しているというのでしたら、今こそ家族一丸となって学業以外にも家庭を守るべく学生ローンを大いに活用すべきでしょう。

 

借りられる金額は一般の融資商品には及ばないながらも申し込みや審査も比較的手軽であることは確かです。

 

しかし、もしその利便性の良さで借金依存にハマってしまうと、なかなかその落し穴からは抜け出すことが難しくなります。そしてもし、親や家族の承諾なくして学生レベルで多額の借金をし、返済が滞ったりしてそのことが知られたら、もはや学業どころではなくなるでしょう。

 

借金

 

そうなると学生をドロップアウト、しかも借金は残るという悲惨な結末しか待っていません。

 

学生ローンは非常時中の非常時の時の選択肢であることを忘れないようにしましょう。この条件が基本にあれば、借り方も短期間で、借りるお金も最小限度だけのローンとなり、利息を含めた最終的な総返済額も最小限で済みます。

 

そのためには、ローンは計画性と学生の本業を忘れないという考え方がとても重要になってきます。

 

この学生ローンは手軽にお金を借りれるからこそが最大のデメリットとなるということを頭に置いておくようにしてください。

 

利用限度額までが自分のお金のような感覚に

学生がカードローンで一度お金お借りてしまうと、ついクセになってしまうといった点もデメリットの一つでしょう。特にカードローンの場合は、利用しやすい事が仇となる場合もあり得ます。

 

一度ローンカードを発行する事により、利用限度額内であればいつでもお金を借りる事が出来ます。最近では銀行ATMや消費者金融ATMだけでなく、コンビニATMでも借りる事が出来、24時間いつでも利用する事が出来るようになりました。

 

毎月の返済も少額からでも大丈夫なので、あまり気にせず借りてしまう場合も出てくるのです。すると、利用限度額までは自分のお金であるかのような感じになってきてしまいます。

 

例えば10万円の限度額があって満額の10万円利用していたのが、返済日にいくらか返済することによって利用枠ができると、またすぐにその利用枠を借りてしまうという感じで、永遠とずーっと10万円を借り続けている感じになります。

 

しかも、それを繰り返していくことにより10万円だけでは足りなくなって、他社のカードローンを発行してまた同じことを繰り返して、、どんどん借金総額が膨れていくという感じですね。

 

ですので、生活費がないなどイザという時はとても便利で助かるんですが、慣れてしまうとつい借りすぎて借金地獄になってしまう可能性があります。

 

カードローンは便利な反面、使い方によっては失敗してしまう事もあるので、利用する前はしっかりと計画性を立てて借りるようにして、あくまで借りているお金ということを忘れないようにしましょう。

 

借りるのならプロミスかアコム

学生がお金を借りるのなら学生ローンという考えもありますが、たぶん大手の消費者金融であるプロミスやモビットを利用したほうがメリットが大きいと思います。

 

まず、大手の消費者金融ということで安心感は大きいと思います。

 

学生ローン業者のデメリットとして、小さな業者が多いので怪しい業者じゃないのかな?という不安が付きまとってしまうのですが、大手の消費者金融ならばそういう不安はなく安心して借りることができますからね。

 

あと、学生ローン会社に比べて金利も低い傾向にあります。どうせ借りるのならばなるべく金利が低いところから借りた方がいいに決まってますからね。

 

その他、プロミスもアコムも30日間無利息というサービスがあります。これは30日間は利息が0円というものなのです。

 

この30日の間に返済してしまえば利息を支払わずに借りることができますからね。凄くお得なサービスです。

 

こういったことから、学生ローン業者からお金を借りるのではなく、プロミスやアコムを利用してお金を借りたほうがいいと思いますよ(^。^)

 

≫プロミスの申し込みはこちら

 

≫アコムの申し込みはこちら

 

用途別メリット・デメリット

生活費(家賃、食費、水道光熱費など)

家賃や食費、水道光熱費といった生活費のために学生ローンを利用するという方は多いのではないでしょうか。
この生活費として学生ローンを利用するメリットは生活するためにはしょうがないという、別にメリットにもならないかもですが、ある意味最大のメリットかもしれません。生活できなければ学校生活を送ることはできませんから。
デメリットとしては繰り返し必要で借りてしまっていると、ちょっとづつ借金が膨らんでいってしまう可能性があるということです。スポット的に必要な時に生活費として借りるのはしょうがないのですが、これが毎回定期的におこってしまうと借金が減ってはいかなくなって増えてきてしまいますからね。
この点に注意してて借りるのなら問題のない借金なのかなと思います。

学費(教材費など)

教材費といった学費に使う人もいるでしょうが、こちらもお金がない時は学生ローンで借りるのはしょうがないのかなと思います。定期的に必要というよりも、スポット的に必要なも事が多いと思うので、定期的じゃないのなら問題ないかなと。
次年度にまた必要になるということもあるかもしれませんが、なるべくそれまでに完済できるようにしておきましょう。

交際費

友人や彼氏・彼女とカフェや飲みに行く費用も必要になってきます。
学生だからといって勉強ばかりするのではなく、友人や彼氏・彼女と付き合うというのも学生にとって大事なメリットことだと思うので。
こちらの交際費も使いすぎるのではなく、最低限度で借りるのなら問題ないかなと思います。なるべくはちゃんとアルバイトの給料や仕送りの範囲内でやりくりするようにして、どうしても足りないときは学生ローンを利用するのでいいかと思います。

旅行代

旅行っていうのも学生の時しか行けないことも多いです。社会人になってしまうとまとまった休みが取れなかったりして、行きたい場所に旅行に行くというのは難しくなったりしますからね。
学生旅行で行った先でいろいろと刺激を受けて今後の人生に役立ったという人も多いです。
なので学生ローンでお金を借りたとしても旅行に行くメリットは人生において大きいのかなというのが個人的な意見です。
もちろん、学生ローンでお金を借りまくっていったほうがいいというわけではなく、アルバイトでためたお金にちょっと足りない分を借りて旅行に行くのはありかなと思います。
あと、その借りた分を完済してから次の旅行でちょっとだけ借りるっていうのも大事かもですね。

ネットワークビジネス(マルチ商法)

学生でネットワークビジネスに手を出すという人はまだ多いようですね。ネットワークビジネスといって所謂マルチ商法ですね。
これで稼げるということは正直考えられないので、ネットワークビジネスのために学生ローンを利用するというのはデメリットしかありません。
一時的な感情操作によって儲かるという希望を抱いてしまうかもしれませんが、勧誘する友人もなくしてしまう可能性もあるので気を付けましょう。
絶対にやめておいたほうがいいかと思います。

投資(株やFXなど)

株やFX、仮想通貨、不動産といったいろいろな投資のために学生ローンを利用したいというのもどちらかというとやめておいたほうがいいかなと思います。
レバレッジのためにお金を借りて投資するのが不動産投資かもですが、そもそも学生ローンで借りてできる程度の金額ではないです。
株やFXも社会人として働いてから買ったほうがいいかなと。そもそもある程度まとまったお金がないと株やFXで利益を出すというのも難しいと思いますし。
流行?の仮想通貨も実際にどうなっていくのかっていうのは分からないので、ギャンブル的な要素は大きいかなと。
とりあえず、投資のために学生ローでお金を借りるのもデメリットしかないような気がします。

パチンコやスロットといったギャンブル

パチンコやスロットといったギャンブルは完全にデメリットでしかないですね。1回勝ててお金を稼げたからといっても、続けていれば必ず負けるのがギャンブルですから。
ギャンブルでの借金は絶対にやめておきましょう!

個人間融資にも注意!

学生ローンの中には怪しい業者も多いですが、それよりも気を付けないといけないのが個人間融資じゃないかと思います。

 

個人間融資っていうのがいまいちわからないという人もいるかと思いますが、個人間融資というのはネットの掲示板を使ってお金が欲しい人が掲示板に書き込んで、それを見た人が融資をするというものです。

 

そんな簡単に融資してもらえるというものではないですし、犯罪に巻き込まれてしまうパターンも多いようなのです。

 

融資を受けるために一時金を振り込んでといわれて、振り込むとそれ以降連絡が取れなくなったりというパターンがが多かったりもします。

 

なので、利息などを支払わずに借りたかったり、学生ローンでは何社か利用してしまっていてすでに借りれなかったりといった人が個人間融資を利用してしまいがちですが、絶対にやめておいたほうがいいと思います!

学生ローンを利用して失敗たな…と思った体験談

学生ローンで遣り繰りするつもりが結局親に迷惑をかけた話

私は学生の時、どうしても留学がしたいと思うようになりました。
海外生活への憧れもあったし、自分の語学力を試してみたいと思ったんです。

 

当時アルバイトはしていましたが稼ぎはぼちぼちで、毎日の生活に遣っていたのでそれほど貯金はありませんでした。

 

それからアルバイトで稼いだお金をなるべく貯金するようにしましたが、早く行きたい気持ちが募って、結局学生ローンに頼ることにしました。

 

夏休みを利用した短期留学の話を、学校の先生から頂いたんです。

 

本当は親に借りることも考えたのですが、父が数年前に大きな病気を患ったことや今後妹達にかかるお金のことを考えると、迷惑をかけたくありませんでした。

 

それに、少しならアルバイトで貯めたお金があったので大金を借りるわけではないし、大丈夫だと思いました。
借りたお金は15万。

 

勿論返済のことも考えていて、留学から帰ってきた頃に入るアルバイト代を合わせたらしっかり返済できる額にしました。

 

だけど、この考えが甘かったんです。
留学に行く直前、体調を崩してしまった私は、数日アルバイトを休むことになりました。

 

お金のことを考えると休みたくなかったけど、せっかくの留学を体調不良のまま参加するのは不安だし、キャンセルになったらキャンセル料が勿体なくて無理できませんでした。

 

休んだ分の返済が心配にはなりましたが、生活費を削ってなんとかしようと思っていました。

 

しかし、元々ギリギリの生活をしていた私に余分なお金があるはずもなく、留学から帰ってきて学生ローンで借りた額とアルバイト代の収入の差に唖然としてしまいました。

 

これ以上返済を先伸ばしにするのも怖くなり、最後は親に電話して頼み込みました。
こんなことになるなら、素直に親を頼っておけばよかったと後になって後悔しました。

 

学生ローンはとても便利だと思うんですが、しっかり計画性を持って利用しないとダメなんだなと気付かされました。
お金をすぐに借りれるといった利点があるんですが、逆に利用しやすいため安易に借りてしまうといった点がデメリットだと思います。

 

特に学生の場合は、お金の返済プランなど立てにくいと思うので、お金がないからと簡単に借りてしまうのは良くないな、、、って感じましたね。

ネットワークビジネスの商品購入のために

学生時代に友人からネットワークビジネスに誘われたのがきっかけで、ネットワークビジネスにはまっていた時があります。

 

ネットワークビジネスと聞くとちょっとちゃんとしたものっぽいですが、いわゆるマルチ商法ってやつですね。

 

そのネットワークビジネスは健康ドリンクを自分も毎月購入していき、紹介して下についた人たちの購入金額の一部が入ってくるというものです。下につく人が多ければ多いほど収入が増えるってやつですね。

 

ただ、どう考えてもそんなに下に人を付けることはできないのですが。

 

当時はそのうちネットワークビジネスで億万長者にでもなる自分を想像していました(笑)

 

でも現実切なく、毎月のその健康ドリンクの購入費用を支払うのがかなりきつくなってきたのです。

 

結構ドリンクって高くても3,000円ぐらいのイメージですが、その商品は15,000円ぐらいしましたから。

 

しかも購入する本数が多いほど自分への還元率も高くなるとのことだったので、3口分ぐらい購入してました。月々45,000円の支払いです・・・。

 

アルバイト収入だけでは厳しくなってきて学生ローンを利用する事にしました。

 

京都の大学に行っていたのですが、同じ大学で同じくネットワークビジネスにハマっていた友人から紹介してもらった学生ローン会社です。

 

店舗に行くと明らかにカタギじゃない感じのおじさんに接客されたのですが、すごく怖かったですね・・・。

 

明らかにカタギじゃない感じですし、対応も悪いというか感じが凄く悪いのです。貸して欲しいのか?みたいな感じの上から目線でずっと対応されて、10万円借りました。

 

接客に対して気分はかなり悪くなりましたが、10万円借りれたっていうのはうれしかったです。

 

で、その後全くネットワークビジネスがうまくいかなくて諦めたのですが、結局借金だけが残ったという結末です。

 

最初に10万円借りれたので、その後も定期的に借りてて総額30万円ほどの借金に膨らんでしまい、社会人になってもしばらく返済し続けてました。

 

甘い話に惑わされて借金までした自分に反省しかありません・・・。ある意味良い経験だったのかもしれませんが。